旅行好きなら株主優待券で少しでもお得な旅をしよう!

旅行に行く際に必ずチケットを購入すると思いますが少しでもお得にするためにも株主優待券を使おう! - ANAの株主優待券でとにかく得をしよう

ANAの株主優待券でとにかく得をしよう

国内旅行をする場合は、時間を短縮する事が出来るという事で飛行機を使う人は増えてきていると思います。

しかしそれでは費用はかかってしまうという事もありますが、ANAの株主優待券を利用する事で少しは旅行の費用を抑える事が出来るのです。

ANAの株主優待券はもちろんANAの株を持っている人に送られてくるという事になるのですが、それを利用して国内旅行をまず楽しむ事が出来ます。

株を持つという事は自分でその分の費用を買う事になる為、もちろん国内旅行が好きな人であって飛行機の利用が好きな人であれば他の航空会社の株も同時に買う事は出来るのです。

そうする事でANAだけではない他の飛行機も利用出来る為、国内旅行をする為や仕事でも常に飛行機での利用がしやすいという事になりますね。

特に遠くへ行く場合でしたら飛行機を使った方がいいと思いますが、その購入者がどこを拠点に活動しているのか?という点も大事でしょう。

株をたくさん持っていればもちろん優待券も多く送られてくるので、一緒に家族にわけたり、恋人と一緒に旅行をしたりする事が出来ると思いますが、時には使いきれないという場合もあるのです。

そして株主優待券買取の事ならACチケットにはなんと有効期限というものがついているのでそれまでには使ってしまわないといけません。

しかし生活や仕事がある中で、多くの航空会社の株主優待券を持っていては使いきれない!というケースも出てきます。

その場合はただ使わないままで損をする事になってしまうのでしょうか?

心配要りません!使う時間がなかった分の株主優待券は有効期限があるのですが、それまでに売る事が出来るのです。

金券ショップで売ってしまうのは一番簡単な方法であるかもしれませんし、欲しいという人にも幾らかで売るという方法を取れます。

場所によって変わりますが、平均相場として約8000円から約10000円で金券ショップで売られています。

なので、売る場合はそれ以下でネゴシエーションする必要はあるでしょう。

また有効期限が近い!という優待券の場合はそれ以下の価格設定になるとおおいます。

他の方法ではオークションで売るという事も出来ます。

この際は出品する側として責任を持ってオークションへ出品しなければいけないので、不手際がないように少しだけ気持ちを張っている必要はあります。

落札が終わったからといってそれでおしまいではなく、そこから連絡を取り合って、入金を確認してそこから配送するという形になるので、商品が落札者の元へ辿りつくまではしっかり出品者として接しなければいけないのです。

評価などもあとでつくので、これからも優待券を売りたい!と思うのでしたらよい対応を続けるとよいでしょう。

このようにANAの株主優待券やその他でも利用するのであれば自分で使う事が出来て、使えなかった場合は売ってしまう事が出来るのでどちらにしても手元にあれば得をするという事になりますね。